メインイメージ

代行依頼の流れとは

中古車オークションの代行業者に依頼する時の流れとは

中古車を購入する時の選択肢として考えられるのは、通常は中古車販売店で購入をする事でしょう。それでも他にもう1つ選択肢があり、それも中古車販売店で購入をするよりも安く購入できる方法があるようです。

その方法とは中古車オークションの代行業者にオークションの代行を依頼する事です。中古車販売店で販売されている車も、下を正すならば同様に業者限定の中古車オークションで落札をされた物が殆どであるという事です。

それでも中古車販売店ではその落札価格に利益を上乗せしている上に、中古車オークションの為に掛かった実費も販売価格に加算をしている為に、市場に出回っている車は中古車オークションで落札される金額よりも高い金額となってしまうようです。

従って個人の人が少しでも安く中古車を購入する為には、中古車オークションの代行業者を利用すると良いかも知れません。

その際には代行手数料や落札手数料、陸送費用等が掛かるようですが、その手数料や費用も業者によって開きがあるようなので、少しでも安く利用を出来る業者を見つける事が出来るでしょう。

中古車オークションの代行業者に依頼をする時の流れとは、例えば中古車を購入したい時にまずは業者の選択をします。少しでも安く中古車を購入する為には、インターネットで十分に検索をして業者を選択する事が重要となります。その際には手数料の合計額が安い事が第一条件となるでしょう。

業者の選択が済んだ後は、いよいよその業者で目的の車を探す事から中古車オークションは始まります。
まずは利用する業者のサイト内で目的の車種の相場価格を検索します。そして業者とサービスの契約をします。
そうする事により、現在オークションに出品されている車の情報を見る事が出来るようになるようです。出品の車は毎週何千代も更新がされるので、探し続けていれば条件に合う車が見つかるかも知れません。

そして目当ての車が見つかり、落札を希望する時には業者に連絡をします。その際には入札限度額となる希望の金額の上限を担当者に知らせます。多くの業者は落札依頼を申請する時に内金として50,000円前後のお金を入金する必要があるようです。
そして入金の確認が取れると業者は入札を開始します。業者では特に車両の整備等を行わずに現状での依頼者への引き渡しとなるようなので、現物が手元に届いた時には念のために整備工場等に車の点検を依頼する事がお勧めと言えます。

最近の投稿